Header image alt text

This is what I love the most

who knows you better than your family?

ハンバーグ

Posted by admin on 2012年5月23日
Posted in つぶやき 

ハンバーグの味付けといえばなんでしょう?
お店で食べる場合はデミグラスソースだったりバーベキューソースだったりすると思うんですが、家庭で作って食べる場合はまた話が違ってくると思います。

我が家ではかなり色々な種類を試しています。
私達が幼かった頃はケチャップと中濃ソースを半分ずつ混ぜた子供うけのいいソースがほとんどでした。
私達が大きくなってからはほかの食べ方もだんだん増えていきました。大根おろしとポン酢でさっぱりとした味にしたり、トマトソースをかけてみたり、焼肉のタレをかけてみたり。比較的最近では、あの一大ブームになった食べるラー油をたっぷりかけて食べたこともありました。
煮込みハンバーグも色々試しました。シチューのルーを使ってデミグラスソースもどきを作って煮込んだり、味噌ベースの甘辛いソースで煮込んだり、醤油中心の味の出汁で煮て最後にバターを落としたり。こうして振り返るとかなりの数のバリエーションがあります。

ハンバーグの材料といえばひき肉・タマネギ・卵・パン粉・牛乳・ナツメグなどですが、お店で食べるハンバーグや市販のハンバーグはタマネギが炒められた状態で入っているのがほとんどですよね。
我が家では、あえてタマネギを炒めずにハンバーグを作っています。そうするとシャキシャキトとした食感が楽しめますしタマネギその物の味も味わえてなかなか美味しいんです。
家庭でハンバーグを作る場合、そうする人はけっこういるようです。
火の通りが心配な場合は、両面に焼き色をつけた後に水を少々加えてふたをして蒸し焼きにすると大丈夫です。
炒めたタマネギを使ったハンバーグはコクと甘みがプラスされるので、その日の味付けによってタマネギを炒めるか炒めないかを決めるのがいいと思います。

ハンバーグってなれるとけっこう作るのが楽しいんですよね。
また近いうちに作ろうと思います。

新タマネギ天国

Posted by admin on 2012年5月23日
Posted in つぶやき 

新タマネギの美味しい季節がやってきました。
私は数多くある野菜の中でも新タマネギがトップクラスで好きです。
普通のタマネギには無い食感や甘みやみずみずしさ、素晴らしいです。
今日はいったいどんな料理にしてくれようと、レシピを考えるだけで楽しい毎日です。

新タマネギの美味しさを知るにはやはり生が一番。
ということでやはり定番はオニオンサラダです。
ふつう、オニオンサラダやマリネなど、タマネギを生で食べるときはしばらくみずにさらす必要があります。そのまま食べると辛味やえぐみが強すぎるからです。
しかし、新タマネギには辛味もえぐみもほとんど無いため、水にさらすことなくそのまま食べることができます。
生で食べると新タマネギの甘さや食感がダイレクトにわかってかなりいいです。
ドレッシングは何でもありですが、個人的には生タマネギ・鰹節・ポン酢の組み合わせが最強だと思っています。

次に、丸ごとスープにする食べ方。
皮を剥き、上下を切り落として、あとは水を入れた鍋にコンソメキューブなどと一緒に入れて火にかけるだけ。
普通のタマネギよりはやく火が通る上、すじっぽさゼロのとろとろの食感に仕上がります。
普通のタマネギで作ることももちろんOKですが、やはり味は全く異なります。
新タマネギがもつ自然な甘さがスープ全体に広がって、なんとも優しい味に仕上がります。

最後に漬物。私が最近作ったのは南蛮漬け風の漬物です。
鍋に醤油・みりん・酢・砂糖を入れて煮立て、あら熱を取ったところで七味を入れ、5ミリ幅くらいにスライスした新タマネギと一緒に密閉容器に入れます。
半日程度ならサラダ感覚で、一日~二日ほど漬ければ漬物として食べることができます。
これは味付けをいろいろ工夫してもいいでしょう。

新タマネギが美味しいうちに、もっといろいろな食べ方を見つけたいと思います。

オクラ

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

夏に食べるのが楽しみな野菜のひとつにオクラがあります。
あの独特な食感と鮮やかな緑がかなり好きです。

オクラといえば、輪切りにしたり細かく刻んだりしてそうめんのツユに入れたり、冷奴にかけたりするのが定番ですが、我が家では色々な食べ方をためしています。

比較的どこの家庭でもやっていそうなのはオクラの味噌汁。輪切りにすると見た目がかわいいのですがやや食べにくいので、我が家では丸ごとか斜め半分に切って入れています。
オクラはさっと茹でると緑が鮮やかになってなんとも綺麗なのですが、火を通しすぎると一気に色が悪くなってしまうので要注意です。出来上がる直前に入れてさっと火を通すか、あらかじめ茹でておいたものをお椀に入れておいてそこに味噌汁をそそぐのがいいでしょう。

漬物風に食べるのも美味しいです。茹でるかチンするかで固めに火を通したオクラをビニール袋に入れ、白だしや酢を入れて軽くもみ、冷蔵庫で最低二時間は漬け込みます。
まえもって作っておけば、あと一品ほしいときなどに役立ちます。かなりサッパリしていておいしいです。

あとはナムルですね。茹でたオクラをごま油と塩で和えた簡単料理です。簡単なのにオクラの味や食感を楽しむことができて、私は大好きです。
あとキムチと和えるのもなかなか美味しいです。

オクラを調理するうえで一番気をつけなくてはならないことは一番最初の処理です。
オクラの表面には細かい毛がたくさんついていて、そのまま調理すると舌触りが悪くなってしまいます。
洗う時、表面に粗塩をふって、まな板の上で転がすか、両手で挟むようにしてオクラ同士を擦りあわせて毛を落とす必要があります。
ネットに入って売っているオクラは、ネットに入れたままごしごしと擦るとそれだけでも毛は取れます。

早くオクラがたくさん食べられる季節になって欲しいです。

実は便利な焼きそば

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in 未分類 

焼きそばといえば、お祭りやお花見などで出る出店の定番メニュー。
鉄板でつくるメニューとしてもお好み焼きに次いで人気ですし、飲み会などの場でも注文する人が多いです。
最近ではB級グルメとして人気のものもあります。

焼きそばの麺はスーパーなどでも安く売っているので、一人暮らしの人や家族が多い家庭でも重宝されます。

焼きそばの具と言えば豚肉やキャベツなどが定番ですよね。でも、麺はあるのに運悪くキャベツを切らしていた、または豚肉が無かった、なんてケースもよくあるのではないでしょうか?
でも問題ありません。実は焼きそばはどんな具を入れて作っても美味しくできる、なかなかに便利なメニューなんです。

まず豚肉の代わり。これはソーセージでも魚肉ソーセージでもハムやベーコンでも十分に代用できます。冷凍庫に残っているシーフードミックスなどでもいいですし、変り種としてはツナなんかも味にコクが出て美味しいです。
そういったものが無かった場合は卵でも問題ありません。
卵は前もって鉄板かフライパンで半熟のスクランブルエッグ状にしておき、焼きそばの完成直前に加えることで焼きそば全体がマイルドに仕上がります。

次に野菜。これも何を使おうと何の問題もありません。にんじん、たまねぎ、ねぎ、もやしなど、冷蔵庫の野菜室に残っていがちな野菜はなんでも合います。また、きのこも焼きそばとの相性は抜群です。しいたけでもまいたけでもしめじでもえのきでもエリンギでもいいんです。焼きそばに合わないきのこはあまりありません。
夏場などはピーマンやナスを細切りにして入れても美味しいですね。

なんにでも合うソースの強みがここにあります。

残り物一掃料理の定番といえば炒飯だと思うのですが、実は焼きそばも十分その役割を果たすんです。
半端に残った食材に困ったときは、炒飯だけでなく焼きそばにも頼りましょう。

アロマいろいろ

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

私は香水にはあまり興味がないのですが、アロマはけっこう好きです。
最近ではアロマ関係の商品はたくさん売られています。
アロマキャンドル、アロマオイルは数え切れないほどの種類が用意されていますし、キャンドルスタンドやアロマポッドなど、アロマを楽しむためのアイテムも多数あります。

特にアロマオイルをあたためるための商品にはいろいろな種類があります。
お皿に乗せたアロマオイルを下からろうそくの熱で温めるもの。プラグに刺して電気の力で温めるもの。加湿器とセットになっていて蒸気と共にアロマを部屋中に行き渡らせるものもあります。
ちなみに、私はUSBでパソコンに繋げて使用するものを愛用しています。

アロマの好みも人それぞれですよね。バニラやストロベリーなどの甘ったるい香りのものが好きな人もいれば、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の香りが好きな人もいます。
サンダルウッドなどの落ち着いた森をイメージした香りが好きな人もいれば、なんとも形容しがたい複雑な香りを好む人もいます。
香りには人の体や気持ちへ作用するものもあるようなので、疲れに効く香りやリフレッシュできる香りなど、欲しい効果から香りを選択するのもよさそうです。
そういえば一時期、グレープフルーツの香りにはダイエット効果があるとして、グレープフルーツのアロマが売り切れしてしまう店が続出した、なんてことがありました。
いまだにグレープフルーツの香りは女性に人気が高いようです。

アロマオイルはその質によって値段も様々です。一本1000円以上するものもあれば、数100円で買えるものもあります。
安物でいいや、と思う人もいるでしょうが、これってちょっと考え物です。
というのも、安ものだとある悲惨な事態をまねく恐れがあるからなんです。

主に柑橘系の香りにありがちなのですが、安物のアロマオイルの中にはまるでトイレの芳香剤のような香りのものがあるんです。
どんなにさわやかな香りでも、トイレを思い出すというのはなんともいえないものです。
柑橘系の香りを楽しみたいときには、そこだけ気をつけていただきたいと思います。

ペンケースの思い出

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

小学生のころ、私は自分のペンケースに不満をもっていました。
今はどうなっているのかわからないのですが、私が小学生のころのペンケースの主流は箱型のものでした。長方形で、主にキャラクターのイラストが書かれていて、磁石の留め金を外すと蓋が扉のようにパカっとひらく、あれです。
踏んでも壊れない頑丈さが売りで、物によっては裏表関係なくどちらからでも開けられたり、鉛筆を立てることができたりと、シンプルな見た目からは想像もできないくらい多機能なペンケースでした。

私も小学校に上がったらああいうタイプの物を買ってもらえるとばかり思っていたのですが、入学前に親が用意してくれたのは真っ赤でシンプルな袋タイプのペンケースでした。
形も平べったく、飾りといえば某有名キャラクターのシルエットが中心にポツンとあるのみで、よく言えば大人っぽい、でも小学一年生の私から見たらかなりつまらないペンケースでした。

でもせっかく買ってきてくれた親に不満を言うわけにはいかず、諦めて私はそのペンケースを使いました。クラスメイトの8割近くがあの多機能ペンケースを使っているのを、羨ましいと思いながら見つめていました。

しかし、使っていくうちに私は自分のペンケースのほうがいいのではないかと思うようになっていきました。
ランドセルにたくさん物が入っていた場合、多機能ペンケースはあの形の分のスペースを作らないと入れることができませんでしたが、柔らかい素材でできている私のペンケースは曲げたり丸めたりすることで簡単にしまうことができました。
また、多機能ペンケースは形が決まっているため、ちょっとでも大きかったり幅があったりすると蓋が閉められずうまくしまえないということが多々ありました。
その点、私のペンケースは袋状なので、多少大きかったり太かったりする文具でも楽にしまうことができました。

始めは不満しかなかったペンケースですが、こうしたことの発見により愛着がわき、その後私は何年間もそのペンケースを愛用しました。
多機能型ではなくあのタイプのペンケースを買ってくれた母に感謝です。

肌が弱いとできないこと

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

私は生まれつき、普通の人よりも肌が弱めです。
肌が弱いと、いろいろ気をつけなくてはいけないことやできないことがあります。

まず、シャンプーやリンスは下手なものを使えません。ものによってはたった一度使っただけで顔や首周りの肌が荒れて真っ赤になってしまいます。
クリームやローションも無添加のものしか使えません。
ハンドクリームやリップなど、一見問題がなさそうなものでも荒れるときは荒れてしまいます。

私の場合日光に長時間当たり続けるのも危険です。
体の調子が悪かったり、弱っていたりする時にこれをやると、顔や首だけでなく腕や足も炎症を起してしまいます。日光が肌に与える影響はけっこう大きいんです。
私は一時期、夏場でも長袖を着なくてはならないほど肌が弱っている時期がありました。
しかし暑い日に長袖でいたために汗をかき、それでまた肌が荒れてしまうという辛さもありました。
そのころよりはいくらか状態がよくなった今でも、やはり夏は苦手です。

さらに、髪を染めたり、パーマを当てたりすることも難しいです。
染めた時だけでなく、染めた後の髪が肌に触れることによって肌が荒れてしまう人もいます。
私は数年前に一度だけ思い切って髪を染めてみたことがあるのですが、炎症とまではいかなかったものの若干肌のコンディションがそれまでと変わってしまったため、それ以来髪を染めることはやめました。
ワックスやスプレーもあまりよくないので、髪で遊ぶことはあまりできません。
やってみたい髪型や髪色があっても、あきらめるしかないのです。

その代わり、髪に何もつけないせいか、他の人より髪そのものの状態はなかなかいいです。
美容室でも髪を褒められることがよくあります。
ある意味、怪我の功名でしょうか?(笑)

ティーパックの使用回数

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

先日、2人の友人と食事に行ったとき、どういう流れでその話題に辿りついたのかは忘れてしまいましたが「ティーパックって何回使う?」という話になりました。

私はまず質問の意味が理解できませんでした。
「え?何回?普通1回じゃないの?」
私が言うと、友人2人は「えー!なに言ってんのもったいないじゃん!」と揃って大声を出しました。
「え?もったいないってどういうこと?」私が周囲の目を気にしながら聞き返すと、片方の友人が呆れきった顔で言いました。
「一回使った後さあ、乾かせばもっかい使えるじゃん」
もう1人の友人も深く頷きます。私はキョトンとしてしまいました。
「え、干す?どうやって?」
「テープとか使って、洗い終わった食器吊るすとことかにぶら下げてる。完璧に乾いたらまた使う」
ねー、と言い合う2人に私はただただ驚いてしまいました。紅茶のティーパックを干す、という発想がまず信じられませんでした。
しかも2人の口ぶりから察するに、どうやら一般的なことのようではありませんか。
しかも友人の1人は「最初の時は紅茶が濃く出すぎちゃって渋くなるから、二回目以降のほうがほどよく薄くなって美味しく感じる」と言っていました。

その後の話から、片方の友人はせいぜい2回、もう1人はなんと3~4回はティーパックを干して使っているということがわかりました。
3~4回はさすがにもう1人の友人も驚いていました。
「さすがにもうお茶出なくない?」
「それが出るんだよ。めちゃくちゃ薄いけどね白いカップじゃないとわからないくらい。味は紅茶って言うより紅茶風味の白湯だけどね」
笑ってそういう友人に、私は呆然としてしまいました。

一度使っただけのティーパックを捨てるのは、なんとももったいない、エコじゃない行為のようですね。
でも私はやっぱり干したティーパックを使う気にはなれず、2人と話した後も一度使ったらそのままぽいっとしてしまっています。

柿の思い出

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

私の家の近所には、大きな柿の木がたくさん植えられています。
子供のころは、秋になると梯子などを使って木に登り、柿の実をたくさん取ってはおやつ代わりに食べていました。

近所の柿の木になる実は、甘いものと渋いものが半々で、実際に齧ってみるまでどっちかわからないという、ある種のギャンブルな要素がありました。
甘い柿のみと渋い柿の実の違いは見た目ではまったくわかりません。
木から柿の実を取ったら、服で擦って汚れを落とし、勇気を出してがぶりといっていました。
渋い場合、歯が実に入った瞬間に凄まじいスピードで渋さが口中に広がります。
言葉にならない叫びを発しながら、柿の実を力任せに遠くへ放ったものです。
柿の渋さはとにかく強烈で、しばらくは下も唇も麻痺してしまい、味がわからなくなるだけでなく言葉すらうまく話せなくなりました。
口を水でゆすいでも歯を磨いてもなかなか消えてくれません。時間がたってだんだんと戻って行くのをじっと待たなくてはならないんです。

そんな危険な目にかなりの確立であいながらも柿の実を取ることをやめなかったのは、たまに当たる甘い柿の実が本当に美味しかったからだと思います。

また、柿の実を取る時にはあるルールがありました。それは、全部とってしまわないことです。
柿の木には野鳥がたくさんやってきます。たくさん実がなったうちの半分は、彼らが食べる分として残しておくように。私やほかの近所の子達はそういいつけられていました。
しかし、実は鳥たちは人間よりも優秀で、甘い柿の実だけを狙って食べることができるのです。
そのため、私たちより先に鳥達がやってきた後の柿の木に残っている柿の実は、基本的に渋い柿の実だけなのです。
お互いに「全て食べずに残している状況」ではあるのですが、なんとなく不公平ではありませんか?

子供のころは当然と思っていたルールですが、いま思い返せば鳥にばかり有利なルールだったように感じます。

唇の荒れ

Posted by admin on 2012年5月22日
Posted in つぶやき 

最近、唇がよく割れてしまいます。
全体が荒れているわけではなく、唇の一箇所だけが切れるんです。
治ったと思っても、しばらくすると同じ場所がまた割れる。その繰り返しなんです。

唇が切れるとろくなことがありません。まず、口を大きく開けられないので食事や会話に苦労します。寝て起きたら布団カバーと枕にぽつぽつと血のシミができてしまっていた、なんてこともよくありますし、服を着る時にも気をつけないとうっかり衿などに血をつけてしまいます。
テレビでバラエティ番組をみているときなんてもっと悲惨です。せっかく面白くて笑ったのに、傷が開いた痛みで笑うどころじゃなくなってしまうのですから。

最近は気をつけてリップを塗る習慣をつけるようにしているのですが、あんまりこれを続けていると唇の免疫力が下がって常にリップをつけていないと荒れてしまうようになる気がしてそこがちょっと怖いです。
考えすぎかもしれませんが、実際リップを常に携帯している人が知り合いに男女問わず何人もいるので、やはりリップに依存しすぎるのは怖いと思ってしまいます。

唇が割れるのは栄養不足のせいだ、と母に言われました。
普段から食事には気をつけているつもりだったのですが、もしかしたら若干ビタミンが不足していたのかもと思い、ここ一週間ほど野菜ジュースを飲み続けてみました。
結果、唇に特に変化は表れませんでした。

季節的に、空気が乾燥しているとも思えません。栄養でもない、空気でもない、となれば、唇が割れる原因はいったいなんなのでしょう?

いつまでたっても唇が切れたままなのは辛いです。口を開けるたびに傷が開くかもしれないという恐怖を覚えるのももう疲れました。

唇の傷を治し、なおかつ唇を丈夫にするにはどうしたらいいのでしょう。
切実に教えて欲しいです。