旦那がお酒を扱っているものだから、全くワインが飲めない私でもボジョレーヌーボーの解禁日は気にするようになってしまいました。
飲むわけではなくて、解禁日から数日は旦那の仕事が忙しくなるからです(笑)。

旦那のバーはワインバーではないので、普段は数種類のワインしか置いてません。
お客様に頼まれた時だけ銘柄指定で買い付けに行きます。
しかし、毎年日本人はボジョレーヌーボーの解禁を喜ぶので、一応ボジョレーヌーボーの仕入れだけはしています。
一見さんが飲みに来る場合も多いですからね。

毎週火曜日は定休日で、旦那にとっての水曜日は一般人の月曜日に当たります。
つまり、あまり気合いを入れて働きたくない日でもあります。
「解禁日が水曜日じゃなくて良かったよね」と話したことがあります。
ところが、日付けが変わって「カンパ~イ」と盛り上がりたい人もいるのです。
それを狙って来店するお客様もいるので、水曜から木曜に変わる時間帯は毎年忙しそうです。

私はワインが飲めないので、旦那と知り合うまではボジョレーヌーボーが美味しいものなのだと思っていました。
自称ワイン好きが騒ぎ出すので、さぞかし美味しいのだろうなと思っていたのです。
しかし、旦那から「美味しいわけがないだろう。その年に出来たばかりの葡萄で作っているんだから、ほとんどジュースだよ」と教えてもらいました。
お酒は寝かせて飲むものですものね!
しかも、ワインのようなものは熟成した方が香りも味も良くなっていきます。
そう言われると、本当にワインが好きな人であればボジョレーヌーボーを美味しいとは言わないのでしょう。

少し調べてみたのですが、他の国でもボジョレーヌーボーを飲んでいる地域はあります。
しかし、シェア率は圧倒的に日本が高く、産地であるフランスではほとんど飲まれていません。
それもそのはずで、その年に出来た葡萄の品種を確かめるために作られた新酒だから日本人のように騒ぎはしないのです。

日本ではワインを勉強する女性が増えました。
でも、勉強している人でさえ好んで飲んでいます。
ワイン好きはうんちくが好きですが、あまりよく分かっていないのに語られてもうんざりするだけです。

ところで、フレッシュさが売りのボジョレーヌーボーとウェルチのグレープだったら、どちらの方が美味しいのでしょうね?
比べてはいけませんか?(^_^ゞ