私の母は基本的にはしっかり者なのですが、ちょっと抜けているところがあります。
母がよくやる失敗は、「買い物に行く前に何を買うかを前もって紙にメモしておいたのに、いざ買い物に行くとそのメモを家に忘れていることに気付く」というもの。
ほんとうによくやるので、買いたかったものをちゃんと全て買ってこれる確立はかなり低いんです。

メモを忘れた母は自分の記憶を頼りに買い物をするわけですが、一つ二つは思い出せずに買うのを忘れてしまいますし、逆に既に買っているものをまた買ってきてしまったりします。

先日、また母がこのミスをしてしまいました。しかも記憶をもとに買い物をしてきた結果、その日の前日に買ったばかりのキャベツをまた買ってきてしまうということまでやらかしてしまいました。
丸のままのキャベツがふた玉。我が家は家族が少ない上私も母も小食なので、消費するのには少々手こずることが予想できました。
使わずに放置したらいたんでしまう。どうせなら美味しいうちに食べきってしまいたい……。

そこでキャベツ消費大作戦開始です。
初日は外側の大きい葉を使っての大き目のロールキャベツ。他のおかずを少なめにし、ひとり三つずつ食べてもらいました。
次の日はキャベツと豚肉の重ね蒸し。これで一気に消費します。
内側の小さめの葉はザク切りにして昆布茶の粉末をまぶして即席漬けに。
これでようやくひと玉消費です。

次の日、キャベツを大量に摂取できる代表的料理、お好み焼きです。
多めに作って冷凍保存するために、キャベツは一気に半玉使いました。
次の日は簡単に野菜炒めと、白だしに付けて別バージョンの即席漬けを。

思っていたよりもはやくキャベツを消費することができました。
やろうと思えばできるものですね。