焼きそばといえば、お祭りやお花見などで出る出店の定番メニュー。
鉄板でつくるメニューとしてもお好み焼きに次いで人気ですし、飲み会などの場でも注文する人が多いです。
最近ではB級グルメとして人気のものもあります。

焼きそばの麺はスーパーなどでも安く売っているので、一人暮らしの人や家族が多い家庭でも重宝されます。

焼きそばの具と言えば豚肉やキャベツなどが定番ですよね。でも、麺はあるのに運悪くキャベツを切らしていた、または豚肉が無かった、なんてケースもよくあるのではないでしょうか?
でも問題ありません。実は焼きそばはどんな具を入れて作っても美味しくできる、なかなかに便利なメニューなんです。

まず豚肉の代わり。これはソーセージでも魚肉ソーセージでもハムやベーコンでも十分に代用できます。冷凍庫に残っているシーフードミックスなどでもいいですし、変り種としてはツナなんかも味にコクが出て美味しいです。
そういったものが無かった場合は卵でも問題ありません。
卵は前もって鉄板かフライパンで半熟のスクランブルエッグ状にしておき、焼きそばの完成直前に加えることで焼きそば全体がマイルドに仕上がります。

次に野菜。これも何を使おうと何の問題もありません。にんじん、たまねぎ、ねぎ、もやしなど、冷蔵庫の野菜室に残っていがちな野菜はなんでも合います。また、きのこも焼きそばとの相性は抜群です。しいたけでもまいたけでもしめじでもえのきでもエリンギでもいいんです。焼きそばに合わないきのこはあまりありません。
夏場などはピーマンやナスを細切りにして入れても美味しいですね。

なんにでも合うソースの強みがここにあります。

残り物一掃料理の定番といえば炒飯だと思うのですが、実は焼きそばも十分その役割を果たすんです。
半端に残った食材に困ったときは、炒飯だけでなく焼きそばにも頼りましょう。