女の人は化粧が好きですよね。
好きというか、ファッションというかたしなみというか……とにかく、とてつもないこだわりや熱意を感じます。
私の姉や友人たちも、みんなかなりの時間をかけて顔を作り上げています。
出来上がった顔を見ると「おお!」と思わず感動してしまうこともあるのですが、中にははたから見ると少々やりすぎに見える人もいます。

まず、チークが濃すぎる人。
チークは頬につけることで血色のいい肌に見せる効果があるんだそうですね。
ピンクやオレンジなど、可愛らしい色のものが多いようですが、たしかにチークをうまい具合に使っている女の子はかわいく見えます。
でも、チークを付けすぎると見た目がややくどくなるというか、濃い口紅を付けているのと同じくらい顔に強烈なインパクトを与えてしまいます。
遠目から見るとまるでインコのように見えることも……

アイメイクが濃い人もたくさんいます。
マスカラを付けすぎて一本一本がまるでひじきのように太くなっている人や、アイラインを引きすぎてクマのように見えてしまう人など、様々です。
私が今までに見た中でかなりきつかったのは、強烈な色のアイシャドウをこれでもかとべったり付けていた人です。
ラメがたっぷり入ったエメラルドグリーンのアイシャドウを、上目蓋全体にまんべんなく塗っていました。
正直言って、古いアニメのキャラクターか、特撮モノの悪役のように見えました。

マスカラに関しては、かなりすごいものを見たことがありました。
まつ毛の一本一本の先に、パールのような白い玉がついていました。
あれは化粧というよりもはや芸術です。

きれいになりたいというのは女性全てが持つ願望なのでしょうが、何事も度を過ぎない程度が一番なんだなあと思います。