私は本を読むとき、たいていブックカバーをかけます。
表紙を汚したくないという理由もありますし、公共の場などでカバーをかけないで本を読むのはなんとなく気恥ずかしい、なんてことも思ってしまいます。
もちろん、人に見られて恥ずかしい本を読んでいるわけではありません。
ただ、なんとなーく気になってしまうのです。自意識過剰、と言われればそれまでですが。

でも、電車やバスの中などで本を読んでいる人のほとんどがカバーをかけていますよね。
本屋さんでつけてもらったのをそのままにしている人が多いのかも知れませんが、中には市販されている布製や皮製のブックカバーを使っている人もいます。
「やっぱり自分が読んでいる本を積極的に人に見せたい人はいないんだ」と、なんとなく仲間意識のようなものを感じてしまいます。
何を勝手な、と思われてしまうかもしれませんが(笑)

さて、私はブックカバーは本屋さんでもらったものをそのまま使う派です。
でもこれ、本を買うたびにもらっているとけっこうな量が溜まってしまうんですよね。
私は基本的に読み終わった本はすぐ本棚に収納してしまうのですが、その時には何の本かわかるようにカバーは剥がしてしまいます。
よれよれになったものや汚れてしまったものは捨てますが、比較的綺麗な状態のものはもったいなくて捨てられません。でもそんなことを言って残していてはカバーは溜まる一方。
エコじゃないよなあ、とも思います。

そう考えるとやはり市販のカバーを使いまわすほうがいいのかもしれませんね。
最近では本屋や雑貨屋などでオシャレなカバーもたくさん売られていますから、気にいったデザインのものを何枚か買って、その日の気分や本の内容で使い分けても楽しそうです。

今度思い切ってマイブックカバーを買ってみようと思います。