私は中学の頃からメガネをかけています。
といっても四六時中メガネをしているわけではありません。
近視の程度で言えば、メガネ無しじゃ何も見えない、なんてレベルではないので、家にいるときなどはメガネ無しでも十分過ごせるのですが、外に出るとやはり遠くの標識や看板が見えなくなってしまうのでメガネは必要になります。

また、私の目は左目の視力が極端に弱く、メガネ無しだと左目の視力を補うために右目に大きな負担がかかってしまうため、それを防ぐためにもメガネは必要なんだそうです。

かけ始めのころこそ慣れるのに時間がかかりましたが、今では一日中でもメガネをつけていられるくらいには慣れました。

友人曰く、私は「メガネが似合うタイプの顔」らしいので、コンタクトは使わずメガネで通そうと心に決めています(笑)

さて、メガネユーザーの多くが経験しているであろう失敗のひとつに、「メガネをかけたまま顔を洗う」と言うのがあるのですが、私自身も最近、ついにこの経験をしていました。
メガネをかける前は、「いくらなんでもそんな失敗ないでしょ~、ほんとだったらバカじゃん」と思っていました。約10年後、自分もそのバカのひとりになっているとは想像もできまい、昔の自分よ。
顔に水をばしゃっとかけたのに目だけ濡れなかった時のあのなんともいえない敗北感と羞恥。しばらく忘れられません。

また、私はよく「メガネをかけたまま服を着るor脱ぐ」という失敗もしてしまいます。
Tシャツを頭からかぶってメガネに引っかかった時の恥ずかしさ、情けなさったらないです。
目の上でシャツが引っかかった姿はさぞ滑稽なことでしょう。人前でやってしまったことがないのが唯一の救いです。

こういった失敗の回数を減らしていく努力をしていきたいものです。
なかなか難しいですけどね。なんせメガネは「顔の一部」ですから。